ヤマセミ(山翡翠)の覗きまど

ヤマセミ 姿が無い

 8月も半ばを過ぎましたが、天候は不順、梅雨に戻ったような日が続いています。
やっと雨がやんでも日差しは有りませんしネ。川は水嵩が増し、川原には入れません。
先日、雨の合間に撮影に行きましたが、「全く全然どうにもさっぱり」…でした。
合歓の花が咲く頃は何時もヤマセミの姿は稀ですが、一輪だけ残っていました。
5か所をチェックしましたが、何処にも姿は無くすごすご帰宅しました。
掲載の写真は2年前の今頃撮影のオスの幼鳥です。

2017-08-18-zaiko.jpg

ブログランキングに参加しています、ボチッとクリックをお願いします。
 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤマセミ 濃い緑の中

 今回もメスだけです。 7月半ばにもなると居場所が変わり、なかなか撮れません。 地域によっては、巣穴周辺にいるのが常態の様な所もあるようです。 しかし、巣穴が渓谷から離れ、不便な場所に仕方なく営巣する地域では、季節によって居場所を変えています。 我がフィールドも季節で変化するので、難しい地域に入ります。

2017-07-16 eda-001

2017-07-16 eda-002

2017-07-16 eda-003

2017-07-16 eda-004

2017-07-16 eda-005

2017-07-16 eda-006

2017-07-16 eda-007

2017-07-16 eda-008

2017-07-16 eda-009

ブログランキングに参加しています、ボチッとクリックをお願いします。
 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤマセミ  飛び出し

 6月半ばに巣立ったヒナ達は、間もなくひと月なろうとしています。 私が撮った場所も、あと1週間もすればひと月。独り立ちと言うか親離れをしている幼鳥もいると思います。 以前、繁殖していた頃は3~4羽、親とは離れて飛来していました。 兄弟姉妹といても嘴を突きあったり引っ張ったりと、自我とテリトリーの芽生えが見られました。 他の流域からか別の個体が見られることもありました。 そうするとフィールドは賑わい、カメラマンには楽しい時期でもありますね。
今回は新しい写真ですが、残念ながら繁殖しなかったので、幼鳥ではなく、メスの成鳥です。

2017-07-11 eda-001

2017-07-11 eda-002

2017-07-11 eda-003

2017-07-11 eda-004

2017-07-11 eda-005

2017-07-11 eda-006

2017-07-11 eda-007

ブログランキングに参加しています、ボチッとクリックをお願いします。
 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤマセミ  ヒナの排泄量

 前回と同じく在庫からです。こちらはオスのみ、距離は20mほどで好い感じです。

以前(2013-07-08)掲載した巣穴でのヒナの排泄量について、1度に20mlと予想しましたが、どうも間違いではないかと、改めて推測してみました。 撮影をしていると度々排泄物を噴射しますが、ゼリー状の尿酸なので円柱状ではなく板状に押し出されている様に写っています。したがって0.2X0.2X20~30cm=0.8~1.2ml 程ではないかと。 1羽のヒナの1度の排泄量はおよそ1回1ml、1日5回、ヒナ5羽で、約30日分は750mlです。 これなら巣穴の奥でもなんとかなると思います。2度の巣穴調査は壊す事は出来ないので、自作の器具で行いました。これは胃カメラのように曲げることが出来ず、約10度傾斜の産道の奥に広い産室があり最奥の排泄物を取り出せなかった、という事になります。調査はもちろん巣立ち後3日目と前年の別の巣穴です。懸垂下降しての調査なので垂直の崖は苦労しました。
 下記青色が以前の記事です。

巣穴での雛の排泄物の処理はどうなっているのか疑問が解けません。カワセミのように巣穴の外へ排泄する訳ではなく、果たして産室に溜まるとどの位の量になるのが試算してみました。成鳥の回数と量を参考にしました。2時間で3回することもあり、少なく見積もっても1日に5~6回はあると思います。
ちなみに鶏糞は1羽の排泄量は120~130g/1日、だそうです。食べ物が違い飛ばないのでエネルギー消費量も違います。一概に比較は出来ないのですが、単純に換算しして120~130mlほどです。

1回量は写真から判断すると直径2mmx長さ30cmほど(少なく見積もっている)→0.2x3.14x30=約20mlになる。
孵化後33日、10日ほどで成鳥と同じと推定、巣立ち5日前には給餌制限されるので、30日で1日3回の排泄と仮定しました。計算も楽なので、実際はもう少し多いと思います。1羽で60ml/1日、5羽で300ml。

5羽が巣穴に居ると、20mlx5羽x3回x30日=9000ml→9Lです。一番大きなペットボトル(2L)4.5本分です。とうてい巣穴に溜まっているとは思えない量です。実際に巣立ち後の巣穴を調査しましたが極微量の糞末しかありませんでした。食塩の結晶が5、6ケ程度。するとあの白い排泄物は何所に消えたのでしょうか。
巣穴の下にも土と混った物はなく、明るいうちに親鳥が外に咥えて持ち出すのを見たことはありません。

これは仮説ですが、1日の給餌か終わった後、誰もいなくなった夕闇に包まれる頃、親鳥が土をまぶした排泄物をを運びだすのではないか、と。少なくとも早朝と、17時30分までは運び出していない。巣穴掘りや修復時など小石や土塊を咥え出るのも示唆的な行為かもしれません。が、本当のところは良く分からないのが実情です。


2017-07-07 eda-001

2017-07-07 eda-002

2017-07-07 eda-003

2017-07-07 eda-004

2017-07-07 eda-005

2017-07-07 eda-006

2017-07-07 eda-007

2017-07-07 eda-008

2017-07-07 eda-009

2017-07-07 eda-010

ブログランキングに参加しています、ボチッとクリックをお願いします。
 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

川原kaze

Author:川原kaze
機材 カメラNikonD3s D300
Lense Nikkor400mmF2.8
Nikkor70-300mm F4.5-5.6G

写真には著作権があります。
使用される方はご一報ください。

撮影場所の問い合わせにはお応えできません容赦願います。
リンクフリーです。

Since 2009.7.9

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Rankingクリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
野鳥ブログランキング
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking クリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード