ヤマセミ(山翡翠)の覗きまど 2016年06月

ヤマセミ 手軽な人工巣穴は可能か

 2016年も半分が終わりました。ヤマセミの生息域と営巣場所は減りつつあります。
我がフィールドの流域では2011年から繁殖の確認が出来ていません。しかし、他の流域から移動してきたと思われる個体は、毎年確認できています。残念ながら営巣場所が無いので先行きは明るくありません。
ダム建設時などに人工営巣地を作っていますが、普段は地方自治体などの協力なしでは無理です。

神保賢一路氏の報告だと、孵化後、大雨などで崩落し巣穴から落ちたヒナ6羽を、フクロウの人工巣箱に移したところ、親鳥が餌を運び巣立ちしたそうです。
4月の産卵時、雨露を避け、寒暖の変化を抑えれば、木製の巣箱でも可能かも知れません。
しかしペアのヤマセミが人工巣箱を産卵に選ぶには、蛇などの侵入を防ぐ工夫が必要です。
また構造も自然の巣穴に模して作る必要があります。腐食の対策も要ります。
入口内径12~15cm 、円筒の長さ50~60cm、傾斜角10~11度、巣箱の大きさ60X70X50(WDH)
巣穴までの高さは4~5m、巣箱の中には赤土が必要だと思います。
又、塩ビなどを使用する場合は土などの滑り止めも入れる必要があるでしょう。
計測値は巣立ち後ザイルで懸垂、2か所を実際に測りました。産室は他の文献も参考にしました。
もし、そういう場所があり、挑戦してみようと思う方は是非お願いします。
産室は木製巣箱を想定し、土などを入れるので大きめにしてあります。実際は40X60X30ほど。

マセミ(山翡翠)Megaceryle lugubris ブッポウソウ目カワセミ科 Crested kingfisher L38cm  
2016-06-30-eda-001.jpg

マセミ(山翡翠)Megaceryle lugubris ブッポウソウ目カワセミ科 Crested kingfisher L38cm  
2016-06-30-eda-002.jpg

マセミ(山翡翠)Megaceryle lugubris ブッポウソウ目カワセミ科 Crested kingfisher L38cm  
2016-06-30-eda-003.jpg

マセミ(山翡翠)Megaceryle lugubris ブッポウソウ目カワセミ科 Crested kingfisher L38cm  
2016-06-30-eda-004.jpg

マセミ(山翡翠)Megaceryle lugubris ブッポウソウ目カワセミ科 Crested kingfisher L38cm  
2016-06-30-eda-005.jpg

マセミ(山翡翠)Megaceryle lugubris ブッポウソウ目カワセミ科 Crested kingfisher L38cm  
2016-06-30-eda-006.jpg

<ブログランキングに参加しています、ボチッとクリックをお願いします。
 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

川原kaze

Author:川原kaze
機材 カメラNikonD3s D300
Lense Nikkor400mmF2.8
Nikkor70-300mm F4.5-5.6G

写真には著作権があります。
使用される方はご一報ください。

撮影場所の問い合わせにはお応えできません容赦願います。
リンクフリーです。

Since 2009.7.9

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Rankingクリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
野鳥ブログランキング
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking クリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード