ヤマセミ(山翡翠)の覗きまど ヤマセミ 何処にいるのやら

ヤマセミ 何処にいるのやら

 久しぶりの更新になりました。 しかし、写真は昨年の9月撮影の物です。
このフィールドでは2011年以降の繁殖が無く、他流域からの飛来だけでした。
今年は他からの幼鳥、若鳥の飛来も無く惨憺たる状態が続いています。
台風10号の豪雨による増水で、撮影に出られませんでしたが、一度だけ遠目に1羽を確認しました。
昨日その場所に入りましたが、増水時だけだったようで通過も無く、蒸し暑い時を過ごしました。

今年6月以来、ヤマセミの撮影が出来ていません。この流域では既に絶滅の危機に瀕しています。

2016-09-07-iwa-001.jpg

2016-09-07-iwa-002.jpg

2016-09-07-iwa-003.jpg

2016-09-07-iwa-004.jpg

2016-09-07-iwa-005.jpg

<ブログランキングに参加しています、ボチッとクリックをお願いします。
 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければクリックをお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 おはようございます。
何時も拝見させて貰ってます。
素晴らしい写真ばかりで、何時も感動させて貰ってます。
自分は3年ほど前から、デジカメ一眼を始めました。
いくら撮っても初心者のままで、何時も勉強させて貰ってます。
カワセミ類が大好きですが、今年始めてカワセミとヤマセミを撮ることが出来ました。
ただヤマセミは電線に留まってる写真です。
何時か、川原kazeさんのような写真が撮りたいです。
また訪問させて貰います。

No title

カオ助さん、今日は。訪問ありがとうございます。
このブログを始める前は、カワセミを主に撮っていました。

ヤマセミを撮るには、忍耐と体力が必要でとても大変です。
最近はなかなか撮れないこともあって、天候も不順ですが、行っていません。

居場所が分かっているのなら、ブラインドに入り、何度か行けば必ず撮れます。
ただ、営巣時、孵化後1週間までは、巣に近づかないようお願いしたいですね。
心無いカメラマンが巣に近づき、放棄してしまうことがままあります。

カワセミを撮るほどの技術があれば、ヤマセミの飛びものも撮れるのではないでしょうか。
プロフィール

川原kaze

Author:川原kaze
機材 カメラNikonD3s D300
Lense Nikkor400mmF2.8
Nikkor70-300mm F4.5-5.6G

写真には著作権があります。
使用される方はご一報ください。

撮影場所の問い合わせにはお応えできません容赦願います。
リンクフリーです。

Since 2009.7.9

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Rankingクリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
野鳥ブログランキング
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking クリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード