ヤマセミ(山翡翠)の覗きまど ヤマセミ やっとオスを撮る

ヤマセミ やっとオスを撮る

 日の出時間の15分前、また渓谷は暗いのですが、激しく鳴き交しながらペアで上流へ通過しました。この時、ブラインドは広げてなくて、薄暗いので咄嗟にザックの後ろに隠れましたが、気づかれたかも知れないですね。
 鳥目などというのは鳥類にはなくて、人間などよりはるかに視力も鋭く、色覚も四原色で紫外線の一定の領域も見えていて豊かなようです。 
さて、ブラインドを被った直後に1羽が高枝に止まりました。機材の設置はまだで、暗くて雌雄は不明、すぐに上流へ飛び去りました。 その後、何度か飛来するもすぐに飛び、1時間後に高枝にメスが飛来し撮れました。今回のオスはそれから5分後に、遥か高く飛来した枝隠れと、その後2羽が飛来した時の写真です。
メスが上の枝、オスは下の枝で、「オスが上でメスが下に止まる」などと言うのは俗説で好みの枝に止まるようです。

2017-03-31 eda-001

2017-03-31 eda-002

2017-03-31 eda-003

2017-03-31 eda-004

2017-03-31 eda-005

2017-03-31 eda-006

2017-03-31 eda-007

2017-03-31 eda-008

2017-03-31 eda-009

ブログランキングに参加しています、ボチッとクリックをお願いします。
 

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~
眼の性能はかなり良いのですね!当然動体視力なんかすさまじいのでしょう。そうでないとあのスピードで飛び回って枝の中に入ってとまったり出来ませんね。
なにより流れる水の中の獲物を的確に咥えるなんて神業です! 捕獲時は紫外線を見る能力が何らかの役目をしているのでしょうね。

No title

てばまるさん、今日は。
眼の神経構造をやっている人は、ヒトも大昔は四原色を識別できたが、退化して三原色しか識別できないと。鳥の見え方はおそらくヒトとは違うのだと思います。
水中の屈折の補正も瞬時に判断し、尚且つ反射光も偏光グラスのようになっているのではないかと推測しています。

プロフィール

川原kaze

Author:川原kaze
機材 カメラNikonD3s D300
Lense Nikkor400mmF2.8
Nikkor70-300mm F4.5-5.6G

写真には著作権があります。
使用される方はご一報ください。

撮影場所の問い合わせにはお応えできません容赦願います。
リンクフリーです。

Since 2009.7.9

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Rankingクリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
野鳥ブログランキング
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking クリックをお願いします。↓

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード